便秘、生理痛の方は必見<内臓治療①>

内臓治療

お腹のお悩みを解消<フィジックの内臓治療プログラム>

つらい便秘、下痢などを繰り返す方に

便秘や下痢など、まだ病気ではないがお腹の調子がいつも良くないという方が近年増え続けています。もともと日本人は胃がんの発症率がもっとも高かったのですが、近年では大腸がんの発症率がこれを上回り、腸の疾患を患う人の割合がさらに増えています。

この原因となっているのが、以下のような食生活の変化、運動不足による慢性的な便秘、腸内環境の悪化、腸機能の低下、背骨と骨盤の歪みと考えられています。

 

日本人の便秘の原因7つ

  • 食生活の変化
  • 運動不足
  • 睡眠リズムの乱れ
  • 過度なストレス
  • 自律神経系の乱れ
  • お腹の冷え
  • 背骨と骨盤のゆがみ

内臓

日本人の排便量はかつてのわずか半分~1/3 

日本人が毎日排泄している便の量は、50年前と比べて半分~3分の1程度に減っているという研究結果があります。
これはおどろくべき数字でないでしょうか?
毎朝のスッキリした爽快な気分を味わえないのはとても残念なことですよね!

メキシコや南米など途上国の人たちは、とうもろこしなど加工しない穀物を食べており、欧米人の倍以上の便の量を毎日排泄しているというデータが出ています。

以前は世界的に見ても便の排泄量が多かった日本人ですが、いまやそれは過去のことです。
元来、農耕民族であったはずの日本人の食生活やライフスタイルはここ数十年で一気に欧米化されてしまいました。

かつては畑で採れた根菜類や玄米を中心とした質素な食生活でしたが、現代は穀類の粉からつくるパンや麺類などの炭水化物、脂分や添加物の多い加工食品、糖質を多い菓子などが中心に入れ替わっています。

 食事栄養指導

 

内臓機能が低下するライフスタイルとは?!

内臓機能の維持には、背骨を中心とした体幹部分の適度な運動が必要となります。
パソコン作業やデスクワークなどであまり体を動かさないライフスタイルを送るひとがなんと多いことでしょう。

オフィスに閉じこもって一日を終えてしまえば、腸の働きを促す運動や内臓に必要な血液循環が得られずに、便の排泄機能も弱くなってしまうのは当然のことでしょう。
胃腸の機能には、腸内細菌の数、腸の蠕動運動、自律神経の働きによる命令系統などが関わっています。

食物繊維をふんだんに摂る食事を心がけて、適度な運動を行ない、ストレスを過度に溜めこまないことが便秘解消には必要です。

正常な排泄がなされず、便が慢性的に腸内に留まっていることは、百害あって一利なしです。
慢性的な便秘は余分な老廃物を溜めこんでしまい、悪玉細菌の増やしてガスを発生し、大腸がんや腸疾患の原因をつくる大きな要因となります。

腹痛 女性

便秘になりやすい人の特徴

  • 手足の冷え、お腹が冷えている
  • 腹筋が弱い、または筋肉がかたい
  • 他にも肩こり、腰痛、生理痛などに悩んでいる
  • ストレスの溜まる生活習慣
  • 睡眠のリズムが乱れている
  • 胃腸の動きが悪く、お腹が鳴ることがめったにない
  • 食事の時間があまり定まらない
  • 水分をあまりとらない
  • 野菜嫌い
  • 油、炭水化物、糖質の摂取量が多い
  • 骨盤や背骨に歪みがある

下痢をしやすい人の特徴

  • ストレスを感じやすい
  • 缶コーヒー、冷たい清涼飲料水を好む
  • 運動の習慣がない
  • 早食い。あまり噛まずに飲み込む
  • 野菜嫌い、油分を多く摂取している
  • 背中を丸めた悪い姿勢
  • 食事のときに猫背で座っている
  • 腹筋の筋力が低下している
  • 骨盤の歪みがある

内臓治療と骨盤矯正

フィジック恵比寿 土曜日曜営業のカイロプラクティック・整体院
042-6489-9513

JR山手線恵比寿駅徒歩4分、明治通り沿いです。
フィジック恵比寿は、土曜・日曜・祝日も営業しております。
急な痛みや不調でもお気軽にご相談ください。

関連記事

アーカイブ

営業時間・アクセス

平日:10:30~20:30
土日祝:10:30~19:00
定休日:木曜日

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-15-6 ヒーロービル3F

JR恵比寿駅徒歩4分 明治通沿い
渋谷橋より100mの信号

アクセスマップはこちら
お問い合わせはこちら 03-6450-2365 お問い合わせフォーム
ページ上部へ戻る