2023年7月・8月◆夏の特徴を踏まえて、適切な対応で元気に過ごしましょう

初夏から残暑にかけては湿度が高くなり、湿気による悪影響が現れる季節です。

 

消化不良、重だるさ、頭痛、腹部膨満感、関節痛などの症状が現れやすいため、適度な運動を行って発汗することが望ましいでしょう。また、湿度の高い場所や、濡れた場所を避けることも大切です。

また、夏は体内が興奮気味になるため、エネルギー不足、不眠、口内炎なども起こりやすいと言われています。

 

食事では温かい食べ物や山椒、山芋などを摂取すると、湿気の影響を和らげることができるとされており、れんこん、セロリなども興奮した体内の影響を緩和することに役立つと言われます。不足したエネルギー補給には黒豆などの黒いものがおすすめです。

普段の食事から辛い食べ物や刺激物を控えて興奮を抑え、先に挙げたような食材を加えるなど、ちょっとした一工夫をすることで厳しい夏に対応しやすくなるかもしれませんね。

 

カイロプラティックは全人的なヘルスケアですので、筋骨格を通して神経の働きを評価し、改善に導くことを目的にしています。時には多面的な角度から人間の体を考え、様々な方法を用いて健やかな日々を送るお手伝いをすることが我々カイロプラクターの役割です。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

◆初夏に多く寄せられるご相談
1 腰痛、寝違えによる首の痛み
2 消化不良、胃の機能低下
3 ゴルフ肘、テニス肘、手首の痛み
4 不眠、入眠の問題
5 登山、膝の痛み
6 冷房による冷え、頭痛
7 ランナーの相談、ランニング障害、腸脛靭帯
8 エネルギー不足、副腎疲労
9 下痢になりやすい、便秘を繰り返す

 

国際基準カイロプラクティック
フィジック恵比寿

東京都渋谷区広尾1-15-6 ヒーロービル3階 ※JR恵比寿駅から徒歩4分

◆◆◆当院の場所はこちらから(Google Map)◆◆◆

ご予約はお電話でどうぞ 03-6450-2365

平日10:30~20:30
土日祝10:30~19:00
木曜・金曜 定休日